デートの誘い方

彼女が欲しい、女性と付き合いたい!という男性はたくさんいますよね。
その為には、デートに誘ってOKをもらうという難関が待ち望んでいます。
では、どうすればデートに誘い、OKを貰うことができるのでしょうか?

さて、デートに誘うには、ちゃんとした準備が必要です。
女性とメールをしてすぐに「デートしよう!」といっても、「また今度ね^^」と交わされてしまうことが多いと思います。
では、どうしたらいいのでしょうか。まずは、相手が好きな話題に持って行きます。
そして、3~4回目のメールの時に「君が好きって言ってた○○のお店見つけたんだけど、行ってみない?」と誘ってみます。

ここでOKをもらえる確率は、50パーセントくらいだと思います。
そして、もしここで断られたら、次の話題に行ってその日は終了します。

また、3回程メールをしたら、次の誘い方です。
「行ってみたいお店(カフェなど)があるんだけど、可愛らしすぎて僕一人では行けそうに無いんだ。
悪いんだけど一緒に来てくれないかな・・・」と誘ってみましょう。
または「妹の誕生日プレゼント何がいいかわからないから選ぶの付き合ってくれない?」という口実でもいいと思います。
この時、下心を出してはいけません。あくまで、自分が行きたいという設定で頑張ってみましょう。

ここで、「無理」いわれたらもう脈がないと思っていいでしょう。
彼女が欲しいなら次の恋に進むのも良いと思います。

彼女募集中?

女性を見る目を養う

彼女が欲しい女性と付き合いたいと思って、努力をしている男性はとても多いと思います。
ですが、その努力は実っていますか?
また、スタイルのいい女性、可愛い彼女が欲しいと思いますか?
スタイルがいい!顔が可愛い!と思って付き合っても、「あれ?スタイルが・・・」お化粧を落としたら「あれ?目が小さい・・・?」と思ってしまうかもしれません。
そんな風にならないように、普段から女性を見る目を養っていって欲しいですね。

では、実際にどんなところを見ればいいのかをお話したいと思います。
まず、「身長+足の長さ」です。身長と足の長さは、ハイヒールでごまかすことができます。
「おっ!足が長いな!」なんて思っても、ヒールを脱いだら「・・・。」という事もよくあります。

また、男性は可愛い女性と付き合いたいと思うと思います。
女性はメイクをしていますよね。特に、アイメイクに気を使っている人が多いです。
「目が大きくて可愛い!」と思っていても、いざ、すっぴんを見た時に「あれ?シジミみたい!」なんてこともザラにあります。

可愛い彼女を見つけたいときには、ぱっと見だけではなく、化粧を落としたら・・・靴を脱いだら・・・と考えた方がよさそうですね。

彼女が欲しいあなたへのヒント→女性と付き合うには人の長所を探す

彼女が欲しいなら誰にでもアタックはNG

彼女が欲しい、女性と付き合いたいと、多くの男性が望んでいると思います。
ですが、彼女が欲しいからとなにか努力をしているという人は少ないのではないかと思います。
そんな男性に真っ先に治して欲しいのは、「手当たりしだい女性にアピールする」という事です。

下手な鉄砲も数を打てば当たる!なんていうことわざもあるかもしれませんが、それは本当に止めて欲しいものです。

これは体験談なのですが、会社内で結婚に焦っていた男性がいて、誰でも良いからと言わんばかりにアタックしまくっていました。
彼女が欲しいオーラでまくりだったのですが、当然、女性は誰も男性と付き合わず・・・
あれから5年の付き日がたち、男性は48歳になったけれどいまだに独身、彼女もナシです。
あんなに焦って、会社中の女性にアピールしていたのだから当たり前か・・・と皆申しております^^;

こんな風にならないためにも、多くの女性へのアピールは絶対に止めた方がいいでしょう。
女性は、「自分自身」を見て欲しいのです。
誰でも良いから!といっているような男性には彼女なんかできません。
彼女が欲しいあなたへのヒント→彼女が欲しいなら積極的に出かける

彼女ができない理由

今現在、「女性と付き合いたい」と思っていけれど、なかなか彼女が出来なくて悩んでいる男性は多いと思います。
では、なぜ出来ないのか考えた事がありますか?ここでは、なぜ女性と付き合えないのか、彼女ができないのかを考えてみたいと思います。

まず、意外と多い理由の一つに、本気で「女性と付き合いたい」と思っていないというのがあります。
女性と付き合いたいけれど、友人と遊んでいた方が楽しいと考えている人ほど、女性は寄ってきません。
けれど、あまりにガツガツとしていても女性が引いてしまう可能性がありますよね。

女性とは付き合いたいと思っている。けれど、その感情をあまり表には出さずに過ごしているという人ほど、パートナーがいる人が多い傾向にあります。
あなたも、一度「自分は本気で女性と付き合いたいと思っているのか」というのを考えてみてください。
意外に、自分は女性と付き合うより、友人の方が大事で友人と遊んでいる方が楽しいと気づく人もいるのではないでしょうか?
彼女が欲しいあなたへのヒント→女性が付き合うまでのデートの回数